学生時代に英語の詰め込み教育で、英語が苦手になってしまった人もいるかもしれません。
しかし、英語は学びようによって楽しく習得していくことができます。

英語は日本語と同じように、英語圏では日常生活の中で使われている言葉です。
その為、好き嫌いは関係なく、英語をモノにしてしまえば、自然に英語を話せるようになります。

英語を習得するためにはたまに勉強するのではなく、毎日少しずつでも英語に触れる習慣をつけることが大切です。
無理をして覚えようとしてしまうと、強制的に英語を身につけなければいけなくなってしまいます。

しかし、自然に英語の環境に身を置くことで、いつのまにか英語を覚えてしまうといったこともあります。
英語は入口が楽しいとさらに先に進みたくなります。

これまでに英会話や英検対策などの教室に通って英語学習中の人と接する中で、私も含めて皆共通していたのは「リスニングが苦手」ということです。アメリカに半年留学経験があるという人もリスニングは苦手だと言っていて、会話の前に相手の言っていることが聞き取れないということが何度もあったそうです。それでは翻訳を仕事にするなんて無理ですよね。

英語のリスニング苦手感を克服する方法の一つとして教えてもらったのが、シャドウイングです。

これは、通訳を目指す方が行う練習法で、ラジオやCDなどの教材を使って、流れてくる英語を聞き取りながら、同時に、かぶせるようにして同じ英文を発音するというもの。この時にテキストは見ないことがポイントです。耳だけを頼りに同じ英文を繰り返そうとすると、流れてくる英語がちゃんと聞き取れている時はうまくシャドウイングできるということが分かってきます。

同じ英文を繰り返しシャドウイングしていると、そのうちに慣れでシャドウイングできるようになりますが、そうなる頃には単語や言い回しもしっかりと頭に入って、会話にも応用できるようになります。かなりハードな練習法ですが、本気で英語を身に付けたい人にはおススメです。

まずは苦手意識をなくすためにも、英語の入りやすい入り口を見つけることが大切です。
好きな分野から入るのも良いでしょうし、洋画や洋楽、または海外放送などを利用するのも自然に英語学習を続けやすい方法です。

PR|オーディオ|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|生命保険の選び方|英語上達の秘訣|超SEO対策|マッサージのリアル口コミ.com|初値予想|GetMoney|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の口コミ.COM|童話|お家の見直ししま専科|女性の人生|家計見直しクラブ|JALカード|女性向けエステ.com|